米エクスペディア、旅行ニーズAIで開拓 シンガポールに研究拠点 スマホで「会話」し予約

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDX03H0W_T00C17A7FFE000/

シンガポールのエクスペディア本部に開設したイノベーション・ラボ。ビーチの写真を見たときの笑み、「満室」が表示されて眉間に寄るしわ、朝食のあるなしで変わる表情などを把握する。エクスペディアは実験の結果をもとに、アジア人が何を求めており、どういう表示が有効かなどを細かく分析したうえで、サイトなどに反映する。

アジアの旅行予約サイト市場は拡大している。英ユーロモニターによると、東南アジア主要6カ国のネット旅行会社の市場規模は2015~20年の間に倍増。だが、エクスペディアのシェアはアジアの新興国で低迷している。15年の米オンライン旅行予約市場でエクスペディアはシェア38%と首位だ。だが、日本では1%強にとどまるほか、中国やインドネシアでもわずかのシェアにとどまっている。

具体策としてあげたのが「3M」戦略だ。1つ目のMである「モバイル」はスマホ対応だ。2つ目の「メッセージ」はAIを活用した「チャットボット」を使った取り組みだ。3つ目は「マシン」でAIを使った機械学習により、顧客への提案力を高める。

3M戦略は当然として必要でしょうね。エクスペディアに限りませんが、こういった独自のシンプルな戦略はあると良いなと思いました。