アパレル各社、スポーツ施設に参入 「アスレジャー」装いの場提供

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22656340U7A021C1TJ1000/

TSIHDは子会社を通じ、スピニングのスタジオを開設する。狙いは衣料品店とジムの相互送客につなげるためだ。TSIHDはスポーツ衣料のセレクトショップを手掛けており、アスレジャー向けの商品も扱う。主力のゴルフウエアと比べると市場が小さいため、装いの場を提供して需要を開拓する。

ジュンもフィットネススタジオを開く計画だ。新しいスタイルのフィットネスを提案、ファッションと抱き合わせで流行を作り出したい考えだ。

今年、RIZAPグループがジーンズメイトを買収。「ジムで自己投資に目覚めた人は、服の購入などの自己研さんに目覚める」(同社の瀬戸社長)。スポーツとファッションの親和性によって生み出されるビジネスは今後も増えそうだ。

なるほど、ライザップと逆のアプローチ。フィットネス・ジムへ各業界が侵食し始めています。