アパレル、飲食事業を拡大 「コムサ」は高級カフェ出店

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ08HV7_Y6A300C1TI5000/

ファイブフォックスは今秋、高級カフェを出店する。衣料品事業は天候や流行で売れ行きが増減しやすく、ブランド間の競争も激しい。流行の食材や内装を取り入れた飲食店は商業施設などで出店要請が高く、新たな収益源に育てる。

ファイブフォックスは「カフェコムサ」で新型店を出す。国産の果物を使ったあんみつなど和風メニューをそろえ、約1200円の客単価を見込む。新型店を加え、現在の約30店から2~3年後にも50店体制を目指す。

マッシュホールディングスはパリの高級菓子店「ユーゴ・エ・ヴィクトール」とライセンス契約を結び、飲食事業に本格参入する。カフェを併設した店舗を都内の表参道ヒルズに開業。TSIホールディングスも米人気ベーカリーと共同出資会社を設立し、飲食事業に参入した。

商業施設などで出店要請が高いそうです。というライフスタイル全般の提案がコモディティ化から逃れる方策とのことでなるほど。