憧れの名車 ちょい乗り レンタカーで非日常走る

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88311310Q5A620C1TI5000/

高級車レンタルはパーク24の子会社が始め、横浜市の拠点と合わせて7車種を扱う。利用は最短1時間2700円からで、5月の利用は130件と開始当初に比べて6割増えた。主に40~50代男性が仕事帰りや記念日に楽しむという。

オリックス自動車も名古屋市などの154店で82種類の輸入車を貸し出している。料金は車種によって6時間で5千円台から2万4千円台まで幅広い。「気分転換のほか、新車購入の参考に使われている」(レンタカー本部)という。

たとえレンタカーと分かる「わ」ナンバーのプレートでも、憧れの車のハンドルを握れば心は弾む。じわりと広がる高級車レンタルは、手堅く冒険したい男性の微妙な気持ちが支えているようだ。

どうやら手堅く冒険したいというのが消費ニーズのトレンドのようです。要チェック。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です