クルマ異次元攻防 完全自動運転車 20年後、世界市場の1割

96959999889DE2E7E6E5E7E6E4E2E1E2E2E5E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO0547547030072016TJC000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO05475460Q6A730C1TJC000/

高速道路の入り口を通過すると車載カメラやセンサーで周囲の状況を確認し、安全と判断すると自動運転が始まった。周囲の車の流れに合わせてスムーズに加減速を繰り返し、追い越しの際は自動でウインカーを点滅。ハンドルが勝手に動き、追い越した車との距離が十分離れたと判断すると、元の車線に戻った。

米ボストンコンサルティンググループによると、こうした「部分自動運転車」の世界販売台数は2025年に1390万台に達し、市場全体の12%超に達する見通しだ。さらに35年にはドライバーの関与が一切不要な「完全自動運転車」も1200万台まで増え、構成比率は10%に迫ると予想。

慎重な見方もある。米フロリダ州の高速道路で発生した死亡事故。ドライバーはテスラモーターズの車を「自動運転モード」で使っていた。事故で浮き彫りになったのはシステムの精度や性能に加え、ドライバーの意識だ。部分自動運転車では事故の際の法的責任はドライバーが負うが、この点が曖昧になっていた恐れもある。

技術的にはもうかなりの精度のところまで来ているように思います。合意形成とか法整備が難しいのでは。