サブバンクの攻防 セブン銀 ATM多機能化に活路

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO17678000U7A610C1EE9000/

セブン銀は3月末時点で601の金融機関と提携。銀行は地銀も含め、ほぼ全て網羅している。顧客が提携機関のキャッシュカードでセブン銀のATMから現金を引き出した件数に応じて手数料が銀行から支払われる。

地銀などは開発投資やシステム維持費が重荷となり、自前のATMを減らしているが、セブン銀のATMでサービス網を維持できる。セブン銀も手数料収入で潤うという相互補完のビジネスモデルが回っている。

来春には銀行口座やクレジットカードを持っていなくても、ネットオークションで得たお金や交通機関の払い戻し代金などをATMで受け取れるサービスを始める。電子マネーへの入金などもATMでできるようになる見通しだ。

セブンをよく利用する人はセブン銀行は選択肢としてありですね。金利も高めだそうですし。