ABインベブやハイネケン、若者酔わす飲料続々 りんご酒やカクテル…ビール市場縮小に対応

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO74547070R20C14A7FFB000/

ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)や同3位のハイネケン(オランダ)がりんご酒やカクテルドリンクの品ぞろえを拡充している。

先進国ではビール消費量が伸び悩み、特に若者には苦みが少ないアルコール飲料が人気。清涼感を打ち出した新商品で需要を喚起し、新分野で優位に立つのが狙いだ。

先進国のビール市場は最大の米国をはじめドイツ、日本、英国、スペインで軒並み縮小傾向。他の酒類に需要を奪われている面もあり、新分野での顧客開拓が欠かせなくなっている。

日本だけでなく、世界的にも若者のビール離れが進んでいるんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です