バーガー戦国時代再び キング、米主導で大量出店 市場縮小も広がる強気

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22360870X11C17A0TJ2000/

バーガーキングは世界で1万6千店を運営し、主戦場の米国では世界最大手のマクドナルドとしのぎを削る。だが、日本にはいまだ98店しかない。日本マクドナルドの復活劇に業を煮やしたのだろう。日本で店舗展開する韓国ロッテリアに三くだり半を突きつけ、韓国で300店を運営する投資ファンドに大量出店を託した。

日本のバーガー業界はマクドナルドを中心に動いてきた。同社が出店を加速したのは90年代半ばだ。2位のモスバーガーも追随する激しい出店競争が続いた。00年ごろの市場は明らかな供給過剰で、大手から中堅まで大量の不採算店を抱えていた。デフレや健康志向という逆風も吹き、バーガーキングは01年に日本から一時撤退している。

2000年代はバーガーには冬の時代だった。マクドナルドの店舗数は10年で約千店減った。モスバーガーなどもこの十数年伸び悩み続けている。一斉に出店増にカジを切るのは約20年ぶりだ。背景には「好調なマクドナルドが再び出店を拡大すれば独走を許してしまう」(競合企業)との危機感もある。

マックの復活は不採算店を絞った結果で、経営環境が好転したわけではないとの見方。バーガーキング出店攻勢楽しみではあります。