格安スマホ、顧客対応で売る 華為、修理拠点増やす フリーテル、即日乗り換え拡大

96959999889de2eae5e6e1e3eae2e0e6e3e2e0e2e3e4869be7e2e2e2-dskkzo0875092025102016ti5000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08743180U6A021C1TI5000/

ファーウェイは自社製品の修理を手掛けるカスタマーセンターを年内にも関西に設置する。同社は家電量販店やMVNOを通じて、通信会社を自由に選べる「SIMフリー」スマホを販売。ただ、従来は端末が故障した場合、引き取りサービスを利用し宅配便で端末を送るか、購入した量販店などを通じて修理を依頼するしかなかった。新設のサービスセンターでは液晶画面の破損などを1時間程度で直せる。

「フリーテル」ブランドでスマホを製造・販売するプラスワン・マーケティングは店員が他社からの乗り換え手続きや端末の設定をする窓口を増やす。他社端末から乗り換える場合、即日で新しいスマホを利用できるようになる。

格安スマホ事業者は通信・端末価格を抑えるために実店舗への投資を控えていたが普及期に入ったと判断。顧客対応に力を入れる。「フリーテル」など新興勢が店舗を拡大しているのも刺激となっている。

格安スマホマーケットの最新事情。ユーザーが一般層に広がって普及期に入ってきたようです。