多機能薬局で地域元気 服薬管理・健康相談・簡易検査 1万拠点目標も運営手探り

96959999889de2ebebe1e1e7e1e2e0e7e3e3e0e2e3e4868886e2e2e2-dskkzo0993355025112016tzt000-pb1-1

96959999889de2ebebe1e1e7e1e2e0e7e3e3e0e2e3e4868886e2e2e2-dskkzo0993356025112016tzt000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09933530V21C16A1TZT000/

大蔵薬局は医師の処方箋に基づいて渡す医療用医薬品だけでなく、大衆薬や健康食品など約300種類を扱う。簡易血液検査や、血圧計などの機器もそろえる。基準を満たし、健康サポート薬局に認定された。

健康サポート薬局とは、患者の服用歴や使っている薬などを一元管理して指導する「かかりつけ薬局」の機能に加え、地域住民の健康相談に乗る役割を果たす薬局のことだ。大衆薬や介護用品なども取り扱い、間仕切りを設けるなどしてプライバシーに配慮した相談窓口の設置も必要。医療機関や介護施設と連携し、必要に応じて患者に紹介する。10月に届け出が始まり、認定されればその旨を店頭表示できる。

制度の狙いは薬局を地域の健康相談窓口と位置づけ、住民の予防意識を高めること。国民医療費が年間40兆円を超す中、病気が重くなる前にチェックし、軽い症状は患者自身が大衆薬で治す「セルフメディケーション」の浸透を図る。

医療費抑制のための好ましいアイデアだと思います。マツキヨなど個人薬局も取り込む新しい動きもありますね。