中国期限切れ肉、規定の検査で仕入れた直後 企業に妙手なく

9695999693819691E0E1E2E2978DE0E1E2E5E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7466450024072014EA2000-PB1-2

食品工場でのずさんな管理や異物混入は後を絶たない。08年には中国産冷凍ギョーザへの殺虫剤混入事件が起きたほか、日本でも13年12月にアクリフーズ(当時)の群馬工場(群馬県大泉町)で冷凍食品への農薬混入が発覚した。

小売りや外食企業は調達先の生産工程への立ち入り検査などに取り組んでいるが「流通過程などを含めると範囲は広く、持続的に徹底管理するのは難しい」(大手外食)のが現実だという。

国ぐるみで解決していかなければならない問題だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です