衣料ビジネスVBが「衣替え」 エアークローゼット、「お任せ」レンタル

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12560000W7A200C1TJE000/

「月何回でも使え、出費も抑えられる。家に余分な服をためこむ必要もない」。エアークローゼットが提供する衣料品のレンタルサービスを使う都内の団体職員、大倉さん(32)はうれしそうに話す。

シェアリングサービスが普及すると、新品の売り上げが減少することを懸念するアパレル企業もある。エアークローゼットでは気に入った商品の購入もできる。利益をブランドに還元する仕組みをつくったことで、協力企業は増え、取り扱う衣料は300ブランド以上、約10万点にのぼる。

衣料の管理は寺田倉庫、クリーニングは中園ホールディングスが協力する。2016年にはセレクトショップ大手のビームスと連携、新作衣料の試着サービスを始めた。エイブルとも連携、東京・表参道にレンタルする前に試着できる店も出した。

料金設定が絶妙な気がします。メンズはleeapというサービスありますが、ダサ過ぎて着る気がしません。