クラウド戦国、風雲急 6兆円市場争奪 独走アマゾン、大企業・官庁狙う マイクロソフトはライバルと提携

96959999889DE5EBEAE1E1E0EAE2E3E5E3E3E0E2E3E6949490E2E2E2-DSKKZO7983329017112014FFB000-PB1-4

96959999889DE5EBEAE1E1E0EAE2E3E5E3E3E0E2E3E6949490E2E2E2-DSKKZO7983330017112014FFB000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79833280X11C14A1FFB000/

クラウドサービスを巡る米IT大手の競争が激しさを増している。首位アマゾン・ドット・コムは従来の主要顧客である中小企業に加えて、大企業や官公庁への売り込みを強化し、2位のマイクロソフトは積極的な提携戦略で追い上げる。グーグルも出遅れたインフラ整備を急ぐ。世界6兆円のクラウド市場は今後も急拡大が予想されるITの主戦場だけに、各社とも一歩も引かない構えだ。

米IDCはクラウドサービスの市場規模(専有型を除く)が14年の566億ドル(約6兆5700億円)から18年には1270億ドルに拡大。IT市場全体の6倍のペースで拡大すると試算する。過熱する投資や値下げ競争に対し、投資家からは利益率の低下を懸念する声もあるが、大企業などの本格導入はこれからだけにメンツを懸けた体力勝負が当面は続きそうだ。

まさにクラウド戦国時代。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です