日本コカが機能性食品 「眠りサポート」の飲料

96959999889DEBEBEAE2E4E2E1E2E3EAE2E6E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9980604018042016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99806030Y6A410C1TI5000/

日本コカは炭酸飲料「コカ・コーラ」などを主力としてきた。健康志向が高まるなか、既存の商品は一段の成長を見込みにくくなっているため、健康を前面に打ち出す商品の品ぞろえも増やす考えだ。

食品・飲料メーカーには新商品をトクホから機能性表示食品にシフトする動きもある。富士経済は2016年の機能性表示食品の市場規模を15年見込みの2.3倍の699億円と予測。一方、トクホは3840億円となり、6年ぶりのマイナス成長になる見通しだ。

機能性表示食品広がってきました。この分野で今のところヒットしたのはファンケルの目のサプリ「えんきん」だそうです。