乗り継ぎ・遅延 スマホ一覧 首都圏の鉄道・バス各社、データ一元化し無料で開放

9695999993819688E0E59A83E68DE0E5E2E3E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO9662253028012016TJC000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ27HQ4_X20C16A1TJC000/

東京メトロやJR東日本など首都圏の交通各社は2016年春にも運行情報や駅の情報を無料で一般開放する。各社のデータを一元管理し、IT企業やベンチャー企業が新サービスを開発しやすくする。

首都圏では鉄道と路線バスだけで50社以上が事業を展開し、交通ネットワークが複雑になっている。乗り継ぎに迷う外国人観光客も目立つ。ITサービスを本業とする企業が、首都圏の交通データを一体的に扱うことで、鉄道やバス各社がそれぞれ独自に情報サービスを提供するよりも利便性が高まり、日本人の利用客にも役立つ。

これはアプリ事業者には朗報。日本の交通の分かりにくさは訪日客の困ることのトップランクでもありますし、日本人にとっても利便性が高くなると良いですね。