消費、再びデフレ色 小売り、増益率半減 コンビニ減速、百貨店も苦戦

9695999993819596E2EA9AE7968DE2EAE2E5E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0465150009072016EA2000-PB1-1

9695999993819596E2EA9AE7968DE2EAE2E5E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO0465151009072016EA2000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD08H5D_Y6A700C1EA2000/

消費の変調を物語るのがコンビニ。ファミリーマートは経常利益が2%減った。既存店売上高は1%増えたが、客数は前年を下回った。セブン&アイは国内コンビニの客数が横ばいで営業利益は微増。ローソンは既存店売上高が前年を下回り営業減益になりそうだ。

GMSも低迷する。イオンリテールは営業損益が赤字だ。専門店に客を奪われて衣料品や日用品がさえない。百貨店は「高額品の販売が厳しい」(高島屋の村田常務取締役)。「爆買い」は鳴りを潜めた。株安による逆資産効果で国内の富裕層に宝飾品などを売る外商の売り上げも伸び悩む。

厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、5月の従業員1人あたりの現金給与総額は前年同月比で11カ月ぶりのマイナスだ。総務省の家計調査では2人以上世帯の実質消費支出は、うるう年の影響を除くと5月まで9カ月連続で減った。

多方面で消費減速鮮明なのが分かります。1年前、2年前には予想しない状況になるスピードは本当に早いと思います。