コンビニ、店員確保急ぐ ローソン、新社で募集・研修 ファミマ、派遣会社と連携

96959996889DE5E1E4EBE7E6EAE2E2E1E2E5E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKDZO7369550003072014TI0000-PB1-2

ローソンは首都圏などで34店のコンビニを運営する加盟店企業、フュージョンズ(新潟市)と人材紹介会社「ローソンスタッフ」(同)を設立した。新会社はパートとアルバイトを募集し、フュージョンズが運営する店で研修をしてもらったうえで希望に合った店を紹介する。ローソンの加盟店には一般の人材紹介サービスよりも安い料金で紹介する。

ファミリーマートは人材派遣会社のアイズ・インターナショナル(東京・台東)と協力。7日からアイズの社内にファミマの店舗で働くことを前提にした派遣窓口を設ける。募集や研修では別の派遣会社も加わる。

求人情報大手のリクルートジョブズ(東京・中央)によると、三大都市圏(首都圏・東海・関西)のパート・アルバイトの5月の平均時給は前年同月比で1.0%高い954円。11カ月連続で前年を上回っており、人手確保のコストは上がっている。コンビニは学生や主婦だけでなく、外国人や高齢者ら潜在的な労働力を掘り起こすことも迫られている。

人材確保に向けた動きがスピーディーですね。人材争奪戦が始まってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です