社会保険の適用拡大で今期コスト増 セブン&アイ、20億円規模 すかいらーく年11億円

96959999889DEBEAE7E5E4E5E0E2E3E5E2E1E0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO9857674017032016DTA000-PB1-4

96959999889DEBEAE7E5E4E5E0E2E3E5E2E1E0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO9857673017032016DTA000-PN1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98576720X10C16A3DTA000/

現行は正社員の労働時間の4分の3(所定労働時間が40時間の場合で30時間)以上働かないパートは厚生年金に加入できない。この基準が10月以降「20時間以上」に引き下げられる。本人の将来の年金額も増えるが、企業の人件費負担は増加する。

セブン&アイはイトーヨーカ堂を中心に適用対象となる従業員が増える。不採算店の閉鎖を進めるため実際の費用は変動する可能性があるが、今期は人件費が20億円程度増えるとみられる。すかいらーくでは約5600人が新たに適用対象になる見込み。16年12月期以降、年換算で約11億円の利益圧迫要因となる。

もともと流通や外食などでは人手不足が悩みの種になっている。運営の効率化を追求する一方、社会保険の適用拡大を機に意欲のあるパート社員の囲い込みの動きも進みそうだ。すかいらーくは「新たな対象者には今より長く働いて多く稼いでもらう仕組みも検討する」としている。

数十億のコスト増というのはデカいです。その分、パート従業員の生産性を高める取り組みが必要になってきます。