「カブ」生産1億台 ホンダ、新方程式探る 市場激変、二輪から電動化の道開く

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22480930Z11C17A0TI1000/

ホンダの二輪車シェアはベトナムやタイで約7割とアジアで圧倒的に強く、世界全体でも3割超で首位だ。低所得者にも手が届く二輪車で新興国に進出し、他の四輪車メーカーより早くブランドを浸透させ、四輪車シェアも広げる。二輪を祖業とするホンダならでの勝利の方程式は今なお東南アジアなどで続いている。

2つの構造変化が忍び寄る。一つは新興国での二輪車市場の伸びの鈍化だ。国民1人あたりの国内総生産が3千ドルを超すと四輪の普及が本格化するとされる。タイやインドネシアはすでに二輪市場の伸びが鈍化しつつある。もう一つが電動化やライドシェアなどモビリティーを巡る変化だ。次の大台、2億台に向けてクルマを巡る環境は劇変する。小型、安価、高性能だけでは勝てない。

「二輪から四輪へモータリゼーションが我々の基本戦略だ」。八郷社長はこう話す。四輪の世界販売では中堅のホンダ。だが二輪と四輪に加え発電機なども含めれば「年2700万台の商品を売る世界最大のモビリティーメーカーだ」(八郷社長)。同社は暮らしのインフラ企業になることも模索している。再生可能エネルギーから発電した電力を家庭EVで使う取り組みを欧州やアジアで進める。

二輪車で新興国を開拓してきましたが、四輪の普及期に入ることと、モビリティ環境変化に対応する次の戦略が必要とのこと。