大京、「民泊」に参入 特区の東京・大田で春から 空き家を購入し改装

96959999889DEBE4E0E7EBEAE0E2E3EAE2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9625983018012016TI5000-PB1-2

96959999889DEBE4E0E7EBEAE0E2E3EAE2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9625984018012016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO96259820Y6A110C1TI5000/

京急蒲田駅から徒歩10分程度にある2階建て住宅を購入した。4LDKで延べ床面積は100平方メートル超あり、今後改装する。4~5人が宿泊でき、キッチンで自炊も可能という。

政府は国家戦略特区で民泊を認める制度を設け、厚生労働省と国土交通省の有識者会議は全国での民泊解禁に向けた法整備を議論している。大京は大田区以外にも民泊を認める自治体は広がるとみて、いち早く参入する。

民泊を巡っては、マンションを中心に既存住民から導入禁止を求める声も出ている。管理会社大手の東急コミュニティーは入居者以外の宿泊を拒みたいマンションに対し、管理規約の変更を支援するサービスを始めた。

民泊の捉え方で企業の事業・サービスが違ってくるのでその判断基準が面白い。政策は規制緩和の流れだと思うので、商機見出した方が追い風だと思いますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です