週末海外、誘う深夜便 羽田発の新路線相次ぐ 全日空、1時台の香港線運航 日航、豪州線の追加を検討

96959999889DE5EBE5E6E1E3E3E2E3E7E3E3E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO7974312015112014TI0000-PB1-2

96959999889DE5EBE5E6E1E3E3E2E3E7E3E3E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO7974313015112014TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79743110V11C14A1TI0000/

羽田は首都圏からのアクセスが便利なほか、各地の空港からの乗り継ぎ便も多い。金曜日の仕事が終わってから出かけ、月曜日早朝に帰国すれば週末をフル活用できる。運賃は全日空で最も安いプランの場合、昼が香港往復で4万6千円なのに対し、深夜は4万円だ。

深夜便で旅行する人が増加傾向にあり、全日空の深夜便の利用率はホノルル線で11年度の88%から14年度上期には94%、シンガポール線では82%から85%に上昇している。「深夜に空港を利用する感覚がなかった日本でも需要があることが実証され始めた」(全日空の伊東信一郎会長)。

航空会社が深夜便を増やしやすい環境になったことも背景にある。羽田の国際線は深夜帯(午後10時から午前7時)は1日40往復分の枠があり、4割ほど空いている。深夜便の利用に慣れた訪日外国人客が増えていることで安定した搭乗率も期待できる。

国交省の着陸料を軽くする取り組みといった後押しも背景にあるようです。便利になりますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です