ファミリーM、営業益最高480億円 前期 月ごとに新商品で集客 既存店売上高プラスに

96959999889DEBEBE2E0E4E2E2E2E0EBE2E1E0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO9902602029032016DTA000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99026000Z20C16A3DTA000/

ファミリーマートの2016年2月期の連結営業利益は前の期比19%増の480億円と2期ぶりに最高益を更新したようだ。通期ベースの既存店売上高は4期ぶりにプラスに転じたもようだ。

新商品を月ごとに入れ替えて来店客を飽きさせないように工夫した。6月にはパンを焼き上げてから工場に納品するまでの時間を短縮して鮮度を高めたサンドイッチを投入。おにぎりは炊飯設備の一部を見直し、これまで以上にふっくらとした食感にした。

税込みで700円以上商品を購入するとくじが引けるなどといったイベントも開催し、1人当たりの買い上げ点数が増えた。客単価も上昇して採算は改善したようだ。

ふだんセブン使いなので、たまにはファミマにも行ってみなければ。商品開発、売り方の工夫など頑張っていますね。