ファストフード、夜はバル タリーズやケンタッキー、仕事帰りの一杯に照準

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO98899770V20C16A3TI5000/

タリーズコーヒージャパンは、「タリーズコーヒー プライムファイブ 東急プラザ銀座店」を、日本ケンタッキー・フライド・チキンは「KFC+カフェ&バル」を出店する。仕事帰りに気軽に飲みたいというニーズをとらえ、夕方以降の収益拡大につなげる。

タリーズが銀座に開く新店は正午以降、グラスワイン(赤・白、700円)や生ビールを用意。専門のシェフが店内調理する「黒毛和牛ローストビーフのプライムサンド」(2300円)など独自のフードメニューを約30種類そろえる。

日本KFCが高田馬場に出す店舗はハイボールにスパイスを加えた独自の「カーネルハイ」(460円)など40種類程度のアルコール飲料をそろえる。提供するのは午後5時からとなる。

画一的ではなく、KFCのように店ごとにサービスを変えていくスタイルが受け入れられそうな気がします。