フィンテック 金融とIT融合、普及の足音 仮想通貨やAI投信

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15993720S7A500C1M11400/

仮想通貨の流通。ビットコインはその代表格。デジタルデータの改ざんを事実上不可能にする「ブロックチェーン」技術が開発され、政府や中央銀行に頼らずに価値を保つことが可能になった。これが仮想通貨に特有の強みであり、信頼が揺らいでいるギリシャでいち早く人気が高まったのは象徴的だ。

AIの活用もフィンテックの大きな柱だ。資産運用の世界では、AI投資信託が相次ぎ投入され、投資家の人気を集めている。銀行業界ではAIによる融資審査などが実用段階に近づいており、各行はシステム開発などを競っている。

これまで既存金融機関が牛耳ってきた決済の分野でも、大手IT企業などがスマホを使った新しいサービスを相次ぎ発表し、買い物や支払いの形は様変わりしつつある。クラウドファンディングもフィンテックによって可能になった新たな資金調達の手段だ。

仮想通貨にブロックチェーンにAI投信などがこの分野でのメジャーイシューと認識しています。