内需企業の上期業績、明暗 コト消費、テーマパーク恩恵 人手不足、スーパーなど苦戦

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO23386040R11C17A1EA5000

オリエンタルランドは季節限定のイベントが人気だ。4~9月期の純利益は11%の増益になった。旺盛なコト消費はテーマパーク以外にも波及する。松竹は自社製作映画が好調だ。他社が配給する映画でもヒットが相次ぎ、子会社が運営する映画館の利用が増えた。

国内の人や物の動きは悪くない。ANAホールディングスと日本航空はそろって通期の業績予想を上方修正した。JR東日本やJR西日本は在来線の利用者が増加した。東武鉄道は東京と日光をつなぐ路線の利用者が伸び、4~9月期の純利益は過去最高だ。

スーパー大手、ライフコーポレーションの岩崎社長は「経費の増加が経営を圧迫している」と警戒する。パートやアルバイトの時給上昇で人件費が増え、物流コストも上昇する。百貨店が好調な半面、スーパーは苦戦が目立っている。

コト消費はもうずっと堅調な気がします。テーマーパークはもちろん、松竹やJRもそうですよね。そこでしか体験できないこと。