フリマアプリ 便利さ競う 「フリル」ヤマトと紛失補償 ネット大手参入、顧客争奪激しく

9695999993819688E3E39A858A8DE3E0E2EAE0E2E3E7869BE7E2E2E2-DSKKZO9047503013082015TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ11HWX_S5A810C1TI5000/

楽天は昨年「ラクマ」の提供を開始。「楽天スーパーポイント」が使えることなどをアピールする。スマホだけでなくパソコンでも商品が購入できる機能もこのほど追加した。大画面のパソコンで商品を確認してから買いたいという利用者に対応する。

カカクコムも今年「フリマノ」を始めた。比較サイトとも連携し、スマホでバーコードを読み取れば商品情報を自動入力する機能などを設けている。スタートトゥデイも来春までに参入する見通しだ。

ファブリックはヤマトと組んで、配送時に商品が破損・紛失した際に、出品者に補償金を支払う新サービスを始める。通常でもヤマトが最大3千円まで補償するが、ファブリックが最大で数万円程度まで独自に補償する。

スタートトゥデイも参入とのこと。徹底的にユーザー視点に立ったサービスが伸びると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です