食品・日用品、6割値上がり 4月の主要80品目、昨年比 小売りは安売り回避

96959999889DEAE4EAE5E6E7E6E2E3E7E2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8687455015052015TI0000-PB1-6

96959999889DEAE4EAE5E6E7E6E2E3E7E2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8687456015052015TI0000-PB1-6

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86874540V10C15A5TI0000/

日経POSの昨年10月の平均価格を見ても、昨年4月より値上がりしたのは80品目のうち29品目で、過半の41品目が値下がりしていた。この半年間で逆に値上がり品目が過半を占めるまでに増えたことになる。人件費や光熱費といった店舗運営コストが上がり、利益が確保できる価格設定に転換しようという小売りが増えていることなどが背景にある。

賃金改善などを背景に、小売り関係者などの間では今後も店頭価格は底堅く推移するとの見方がある。4月にヨーグルトを値上げした乳業メーカーの担当者は「店頭価格は想定通り上がっているが、前回の値上げと異なり販売量は落ちていない」と話す。

食品・日用品に限れば物価が上がってきたということになるんでしょうね。ちなみに上昇率が最も高いのはレギュラーコーヒー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です