外食「無休」もう限界 時給上げても人足りず 年末閉店や定休日

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24060380Z21C17A1EA1000

人手不足が常態化した今年に入り、すかいらーくが大半の店舗で午前2時閉店とするなど24時間形態の見直しが相次ぐ。テンアライドは、大みそかに約120ある全店舗で営業を休止する。テンアライドは約1100円の時給に200円を上乗せしている。人件費高騰で採算が悪化しており、売り上げが落ち込む大みそかの営業を取りやめる。

モンテローザは定休日の本格導入に踏み切る。4カ月間かけて10店舗で日曜日か月曜日を試験的に定休日にした。「客が少ない日を定休日にしたことで無理のない運営ができた」(同社)と判断した。1800ある全国の店舗に徐々に広げていく。

リクルートジョブズによると、10月の飲食業の時給は985円と過去最高を更新した。「特に深夜の時間帯はアルバイトの確保が難しい」(すかいらーく)。アルバイトの争奪戦で時給を上げても十分に人手を確保できず人件費のコスト増も経営の重荷になっている。

外食は厳しいですね。24時間営業や年中無休でなくても、消費者からすれば大した問題ではないでしょう。