小売り、「食」シフト対応 エンゲル係数、29年ぶり高水準 昨年、高齢化や世帯人数減で 丸井や西武が売り場拡大

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12134520V20C17A1TI1000/

エンゲル係数は13年まで20年近くほぼ23%台で推移してきたが、14年から急激に上昇した。消費増税や食品メーカーの相次ぐ値上げなどで、食品の単価が上がった。ただ、値上げが一服した16年もエンゲル係数の上昇は止まっていない。

日本総合研究所の小方主任研究員は「世帯の構成人数が減り、素材を買って家で調理するのが経済的に非効率になった」と指摘する。第一生命経済研究所の星野副主任エコノミストは「若い世代を中心に他の支出を抑制する一方、身近な楽しみとして食の重みが増している」と分析する。

丸井グループは、錦糸町店の地下1階を食品スーパーに改装する。そごう・西武は西武所沢店で食品売り場を従来の地下1階に加え、地上1階にも新設する。コンビニエンスストアは調理の手間を減らしたい層の需要を取り込む。

なるほどエンゲル係数から消費傾向が見てとれます。もちろん食に求めるものは多様化していると思いますが。