「おひとりさま」食品花盛り 鍋・サラダ…新商品や増産 「個食化」対応めざす

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ11HU3_R11C16A0EA2000/

各社が力を入れるのが、鍋用調味料だ。エバラ食品工業は栃木県の工場に「プチッと鍋」の専用ラインを新設。プチッとシリーズ全体で売上高を3割伸ばす計画だ。キッコーマンは「Plus鍋」シリーズを発売した。食物繊維や乳酸菌などを豊富にとれることを働く女性へアピールする。ミツカンも1人前ずつ包装した鍋つゆ「こなべっち」シリーズを投入した。

個食向け商品は、アイデア勝負の様相も呈している。永谷園はロングセラー商品「麻婆春雨」に、電子レンジで温めて食べることができる1人前の商品を追加した。キユーピーが発売した「つぶしておいしいたまごとポテトサラダ」は、丸ごと1個のゆで卵とポテトサラダがひとつのパウチ容器に入っている。当初販売計画を3割上回るほどの人気だ。

実際、個食向けの商品は販売計画上回ったりしているそうです。ただ人口減に変わりないので、長期的には海外が収益源になるとのこと。