果物、国内産崖っぷち? シルバー消費頼み限界

96959999889DE2E4E1EBE4E5E7E2E0E1E2EAE0E2E3E4868896E2E2E2-DSKKZO0644061024082016TZD000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06396750T20C16A8TZD000/

イトーヨーカドーアリオ亀有店の果物売り場では、売れ筋のキウイフルーツが目立つ位置に並ぶ。「美容と健康によい」とのイメージが定着し、日常食として購入する人が増えている。仕入れを担当する佐久間さんは「この5年ほどで人気が高まり、主力商品の一つになった。仕入れ価格が安定し、販売する側も扱いやすい」と解説する。対照的にスイカやメロンなどは苦戦が続いている。皮をむく手間がかかる果物や、核家族化や単身世帯の増加で少人数で食べきるのが難しい大型の果物などは敬遠されがちだ。

果物全体をみると、キウイのような成長株はごく一部。果物全体の消費額は伸び悩んでいる。日本人1人当たりの果物摂取量も減少傾向にある。JC総研が実施した調査によると、「果物をほぼ毎日食べる」人は70歳代以上で49.2%なのに対し、20歳代以下は8.7%にとどまる。

日園連の嶋田さんは「果物の生産者にとっては量の確保も大切。日本人全体の果物摂取量を増やさないと国内の果実産業が先細りになる」と警戒する。果物の国内市場のうち、国産品は約4割で、約6割は輸入品が占める。市場が拡大しているキウイやバナナは輸入品が中心で、国内の農家にとってはむしろ脅威だ。TPPが発効すれば輸入品との競争は激しさを増す。

キウイは小さいですし健康効果が知られているので成長株だそうですが、大型の果物などは不人気なようです。親世代は確かによく食べているイメージです。