福袋、外国人客に的 そごう・西武、日本製雑貨のセット 三越伊勢丹、米や酒を英語説明付きで

96959999889DEAE3E6E2E2EBEBE2E0E4E3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8140101026122014TI0000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81400990W4A221C1TI0000/

そごう・西武は1月1日に西武池袋本店の初売りにあわせて日本の土産を扱う専用売り場をつくるとともに、訪日客を意識した商品を集めた「インバウンド福袋」20種類(150個)を発売する。日本製のストールや傘を集めた服飾雑貨セット(5000円)、今治タオルの詰め合わせ(1万円)、スーツケースの福袋(1万~5万円)などをそろえる。今年10月に5千円超の食品などが免税対象に加わったことに対応して福袋の価格を決めた。

三越伊勢丹は3日、訪日外国人客の来店が多い三越銀座店でインバウンド福袋を用意する。米や日本酒、甘味など食品13種類を詰め合わせ、英語表記の説明を添えた。30点の限定で価格は4320円。

高島屋は新宿店で、外国人専用の福袋を2万150円で発売する。4人までの限定1点で、着物を着て都内の神社に参拝し、日本食などを楽しめる内容だ。初売りの2日に先着順で受けつけ、6日に提供する。

ふむふむ、インバウンド福袋ですか。免税品が主役でしょうけど、他にも何が人気かが分かります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です