学研、英語必修 小学生に商機 英会話、ネットで割安 低学年向け競争激しく

96959999889DEAE2EBEBE5E1E4E2E3E4E3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8099738016122014TI0000-PB1-2

96959999889DEAE2EBEBE5E1E4E2E3E4E3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8099739016122014TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO80997360W4A211C1TI0000/

学研ホールディングスは来春から小学校低学年向けのオンライン英会話を始める。海外在住の講師が一対一で指導し小学校在学中に中学2年生並みの力を付ける。独自教材を使い週2回で月6千円と値ごろ感を出した。子ども向け英会話市場は年1千億円。2020年度に小学3年生から英語が必修となる見通しで少子化でも成長が見込める。

学研HDは14年9月期の教育・塾事業の営業利益は前年同期比で微減と伸び悩んだ。連結純利益は出版事業の不振で前の期の17億円から3100万円と大幅に落ち込んだ。塾大手でもリストラや再編が相次ぐ。ニーズの高まる子ども向け英会話などの立ち上げで収益増を狙う動きが活発だ。

矢野経済研究所(東京・中野)によると子ども向け英会話市場が14年度で980億円と10年度比約1割増。1千億円超えが確実とみられる。

2020年に小3から英語が必修になるんですね。少子化でも英会話市場は伸びる見込み。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です