GW商戦、レジャー活況 好天、集客後押し 百貨店は逆風 「客奪われた」

96959999889DEAE4E6EBEAE2E6E2E2EAE2E7E0E2E3E79793E3E2E2E2-DSKKZO8649806008052015EA1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86498040Y5A500C1EA1000/

観光スポットのにぎわいを映し鉄道各社の乗客数も伸びた。JRグループ6社の新幹線、特急、急行列車の乗客数合計は1356万人と昨年に比べ1割近く増えた。北陸新幹線の開業効果で北陸方面に向かう旅行客が押し上げた。空の便では国内線の旅客数は全日本空輸、日本航空ともに1割近く伸びた。特に北海道や沖縄方面が好調だった。

小売りの現場では好天で明暗が分かれた。気温が高めに推移し夏物衣料の販売には追い風になった。カジュアル衣料品店「ファッションセンターしまむら」のGW後半の売上高は前年比15%増。消費増税前の一昨年と比べると3割伸びた。「Tシャツやハーフパンツなどが売れた」(しまむら)。

百貨店各社はレジャーに客を奪われた売り場もある。高島屋や三越伊勢丹は、消費増税の影響があった前年実績は上回ったものの増税前の一昨年の水準には届かなかった。高額品や訪日客向けの販売は好調だったが「好天で旅行に流れた顧客も多かった」。

テーマパークと交通が◎で衣料、食品、外食が○、百貨店が△。×がないだけ良いじゃないですか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です