イケア、本格ネット通販 4月から、食品など除く9000品 家具購入、広がる選択肢

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13300280T20C17A2TI5000/

これまで世界中で客が商品を倉庫の棚から取り出し、持ち帰って組み立てる低価格のサービスを強みに成長してきたが、ネット通販の需要が高まり、グループ全体で強化を進めている。

日本では対応の遅れもあり、イケア・ジャパンの16年8月期の売上高は前の期比2%減の767億円にとどまった。現在進めている小型店の展開と並行してネット通販を強化し、20年に売上高1400億円規模にするという目標に向け巻き返しを急ぐ。

ニトリは16年11月時点で国内売上高の5%弱がネット通販となり、4年前に比べ倍増した。ネット販売専業のベガコーポレーションは16年3月期の売上高を83億円と5年前の約4倍に伸ばした。平均客単価は約1万3千円。

日本で対応していなかったのが不思議です。店舗ごとの直営サイトから開始して、2年後に各国統一するとのこと。