ミネラルウオーター増産 市場急拡大、昨年9%増 アサヒ、生産能力2.3倍 サントリーは88億円で増強

96959999889de2eae4e3e7e5e2e2e0e2e3e2e0e2e3e4869be7e2e2e2-dskkzo0861572020102016ti5000-pb1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08615700Q6A021C1TI5000/

アサヒ飲料とサントリー食品インターナショナルは生産設備を増強し、供給を大幅に増やす。けん引役は炭酸水や味・香りを付けた「フレーバーウオーター」で、各社は増産対応で女性などの需要を取り込む。

都内に住む女性会社員(28)は「最近はミネラルウオーターしか飲まなくなった。炭酸やフレーバーもあって飽きない」と話す。同じブランドであればフレーバー付きと通常のミネラルウオーターの価格差はほとんどなく、その日の気分や体調で選べる楽しさがあるようだ。

ミネラルウオーターは家庭向けの2リットルの大容量商品を中心に価格競争が激しく、量販店では70円程度で販売されるケースもある。フレーバーウオーターや炭酸水が多い500ミリリットルの場合、コンビニでは100円強で売られるなど、価格面で逆転現象が起こっている。

ニーズに合っているということでしょう。炭酸やフレーバーもあり価格差もないので、気分で選べるとのこと。