ジンズ、コンタクト参入 来年初頭、ネット通販で

https://r.nikkei.com/article/DGKKZO24017160Y7A121C1TJ1000

同社がコンタクトレンズを扱うのは初めて。使い捨てのみで、1箱30枚入りで税別2000円となる。海外のメーカーに生産を委託する。ネット通販のほか、ジンズが提供するアプリを介してのみ購入できる見込み。

同社の調査で、使い捨てのコンタクトレンズ利用者のうち、5割以上がジンズの眼鏡を利用していると分かった。そのうち約8割がジンズのコンタクトレンズ発売に対して好意的であったことから、需要が見込めると判断した。

同業他社では、最大手メガネトップや三城ホールディングスなどもコンタクトレンズを販売している。

眼鏡でやった価格破壊をコンタクトでもやるんでしょう。主要メーカーにとっては脅威でしょうね。