JT、電気たばこ全国展開 日中で500億円投資、煙や灰出ず急成長

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08111250X01C16A0TJC000/

プルーム・テックなど蒸気を発生させるタイプのたばこの需要は急速に高まっている。たばこ特有の嫌な臭いや灰が出ない。有害物質もカットして健康リスクが低いとされている。

PMIは14年、名古屋市で「アイコス」を試験販売し、今年4月に全47都道府県に展開。9月には機器の販売が200万本に達した。専用たばこ「ヒートスティック」は紙巻きたばこ市場全体の5%相当分に伸びている。

健康志向の高まりから、紙巻きたばこの販売数量は年々減少している。JTの販売本数は15年度は1092億本とピーク時だった1985年度の3032億本から60%以上減少している。紙巻きたばこから蒸気のタイプへ切り替える消費者も多い。

たばこ産業の中では革命的商品ですよね。開発したフィリップモリスがやっぱりすごいと思います。