KDDIが格安スマホ 新会社設立、小売企業通じ販売

9695999693819691E0EBE2E2918DE0EBE2EAE0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKDZO7637889030082014EA2000-PB1-4

新会社のKDDIバリューイネイブラー(東京・千代田)の資本金は1億円。約30人で業務を始めた。通信大手が格安スマホの提供を狙ってMVNOを設立するのは初めてとなる。

新会社は通信事業に関するノウハウ全般を提供する。提携した企業は少ない初期投資でサービスを始められるため、格安スマホ販売に参入する企業は広がりそうだ。KDDIは独自ブランドによる格安スマホの直接販売も検討する。

イオンやビックカメラのように格安スマホ販売に参入している小売企業の多くは、日本通信などの独立系MVNOと提携してサービスを提供している。独立系MVNOの大半はNTTドコモから回線を調達しており、KDDIの回線を使っている格安スマホ会社は現在、関西電力系のケイ・オプティコムだけ。KDDIは新会社を設立することで格安スマホ向けの回線提供を増やし、手数料収入を拡大する。

MVNOもこれから多様化・独自化していきそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です