ローソン変われるか 埋めたい「日販12万円の差」 対セブン商品力磨く

96959999889DEAE2E3EAE6E0E0E2E0E5E3E3E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8018424027112014TI0000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO80184220X21C14A1TI0000/

「日販の差12万円」――。ローソンの大きな課題が、コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンとの売り上げの差だ。2013年度の1日1店当たりの平均売上高(日販)はセブンの66万4千円に対して、ローソンは54万2千円。商品力の差をどう埋めるのかが、本丸のコンビニ生き残りに向けたカギとなる。

ローソンが今後、商品開発力アップの切り札として期待するのが、550億円を投じて買収した高級スーパーの成城石井だ。成城石井は年間350品目の新しい弁当・総菜を生み出し、消費者を飽きさせない商品を送り出し続けている。商品本部長の和田祐一上級執行役員は「成城石井の商品開発の思想はローソンにも生かせる」と語る。

13年度の1日1店当たりの平均客数はセブンの1060人に対して、ローソンは854人にとどまる。4月の消費増税後の厳しい消費環境の中でも、セブンイレブンは既存店売上高を伸ばし続けている。店頭の魅力を高め集客力をアップすることが、ローソンの喫緊の課題といえる。

セブンとローソンで一日12万も売上差があるとは。平均客数も200人くらい違う。買収した成城石井の開発力に期待ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です