LINE 稼ぎ頭は「企業」 前期、広告増収/ゲームは落ち込み アジア開拓、次の課題

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ25I0M_V20C17A1TI1000/

16年の売上高は1407億円と前年比17%伸びた。事業別では広告が50%増とけん引。これまでのけん引役だった個人向けサービスはさえない。ゲームの月間利用者は1年前に比べ540万人減り、コンテンツ全体の売上高は前年比で9%減った。

国内偏重の事業構造のままでは成長がいずれ鈍る。やはりカギを握るのは海外だ。16年に戦略を練り直し、独占が見込める市場に専念することにした。第1弾がタイ、台湾、インドネシアの3カ国・地域。今では日本の1.5倍の規模に育った。

問題は海外売上高比率が27%と低く、注力国・地域の規模を生かせていないことだ。出沢社長も「今後はサービスの深さの競争になる」と語る。すでにタイと台湾は対話アプリで首位を実現。次は日本で培った企業向け事業を現地事情に合わせて展開する工夫が欠かせない。これがうまくいけばインドネシアでのシェア競争で優位に立ち、これから市場が育つほかの地域で先行する可能性は広がる。

1年でタイと台湾での対話アプリシェアで首位に立ったのが凄いです。企業向けの国内モデルは海外でも使えるでしょうね。