LINE、タイで独自進化 宅配や動画配信に参入 利用者3300万人の経済圏

96959999889DE2E1E2E6E5E7EBE2E1E3E2E7E0E2E3E4949497E2E2E2-DSKKZO0304761031052016FFE000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03047590R30C16A5FFE000/

LINEマンはタイ最大の飲食店口コミサイト「Wongnai」と提携し、約1万店から注文できる。配達は香港が拠点の宅配業者「ララムーブ」のバイク便を活用する。

タイでは無料対話アプリが大人気だ。電通のタイ子会社のノラシット氏は「(もともと)タイ人は知り合いと頻繁に情報をシェアする文化があった」と指摘する。「ステッカーがタイ人の気質に合致した」。LINEカンパニータイランドのパノムヨン社長は説明する。LINEは現地仕様のステッカーを充実した。直近のユーザーは3300万人を超え、約6700万人のタイの人口の半分が使っていることになる。

ユーザー数の増加ペースは鈍化を避けられない。新たな収入源の確保という意味もあり、導入したのがタイ独自の新サービスだ。LINEマンのほか、LINETVを開始。LINEペイもタイ仕様だ。独自サービス導入に当たってはスピードを重視。判断はほぼ現地の裁量に任され、素早いサービス展開につながっている。

ビジネスのやり取りもLINEが当たり前になっているようです。やはり権限委譲が功を奏したってことでしょう。