カーナビで100万曲聴き放題 パイオニア、年3000円 レコチョクと組みスマホ活用、主力事業テコ入れ

96959999889DEAE4E7E7E6EAE5E2E2EAE2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8655489008052015TI0000-PB1-3

96959999889DEAE4E7E7E6EAE5E2E2EAE2E7E0E2E3E7869BE2E2E2E2-DSKKZO8655490008052015TI0000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86554870Y5A500C1TI0000/

楽曲はレコチョクが提供する100万曲以上から自由に選べる。カーナビの大型画面で選曲できるため、スマホなどに比べて操作性が高くなるという。パイオニアが独自開発した楽曲推薦技術も搭載する。「明るい気分」「ナイトクルーズ」など気分や好みを入力すると、曲調の合った楽曲が出てくる。

自動車に後付けする市販カーナビの国内市場は2013年度に約1221億円と3年連続で縮小した。スマホを使ったナビアプリの普及などが響いており、カーナビ各社は独自性のある技術などでスマホに対抗する。

パイオニアはこれまで技術面を前面に出してきたが、スマホアプリとの明確な違いを出すのは難しくなりつつある。大舘諭執行役員は「スマホと争うのでなく、車内にスマホがあることを前提に音楽という新しい付加価値を訴求したい」と話す。

市販カーナビの国内市場は、スマホのアプリに押されかなり縮小してきているようです。スマホと争うより、それを生かす流れになりつつあるということでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です