低価格眼鏡 シニアに的 「Zoff」など、改装や郊外出店

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ08HUV_Y5A201C1TJC000/

インターメスティックは、首都圏や地方都市の店舗を改装する。従来より手に取りやすい位置に眼鏡を置き、イラストを多用した店づくりで中高年や家族客が入りやすいようにする。同社の顧客は20~40代が7割を占めており、さらに業績を伸ばすには中高年層開拓が不可欠と判断した。

ジェイアイエヌは約1年半ぶりに郊外の路面店を開業する。今春発売した老眼鏡の売れ行きが好調で、中高年や家族連れが訪れやすい郊外の住宅地周辺を開拓する。眼鏡使用者の6割は45歳以上といわれ、今後は団塊ジュニア層が加わって老眼鏡などの需要増につながる可能性もある。

伸びしろかなりありそうです。今後は団塊ジュニア層も加わりますし、良いとこどりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です