マカオ、家族も取り込み 銀河娯楽が新リゾート カジノ一極集中転換 エンタメ充実、収入減少に危機感

969599999381968AE0E59AE2888DE0E5E2E7E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8735593027052015FFE000-PB1-4

969599999381968AE0E59AE2888DE0E5E2E7E0E2E3E7949497E2E2E2-DSKKZO8737183028052015FFE000-PB1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDX27H0Z_X20C15A5FFE000/

第2期の特徴は家族連れでも楽しめるリゾート機能だ。「エンターテインメントや飲食、小売り、会議場などカジノ以外の施設に投資額の95%を充てた。マカオが世界的な観光拠点に変わるための触媒になるだろう」。銀河娯楽のロバート・ドレークCFOはこう語った。

中国で賭博が唯一合法化された街として急成長を遂げたマカオ。カジノ運営各社がリゾート施設開設を急ぐのは、賭博業収入が落ち込んでいるからだ。2014年は前年比2.6%減の3515億パタカ(約5兆4千億円)と02年の統計開始以来はじめてのマイナスを記録。今年1~4月は前年同期比37%減と収入の落ち込みは加速している。

手本とするのが米ラスベガスだ。有名歌手のコンサートやスポーツの試合などエンターテインメント機能を強化し、世界中から観光客を呼び込むことに成功した。カジノの業界団体、米国ゲーミング協会のジェフ・フリーマンCEOは「ラスベガスは賭博業以外からの収入が今では全体の3分の2を占める。マカオも同じ変化に直面している」と指摘する。

マカオの賭博業収入は11ヵ月連続で前年割れ。富裕層に依存した従来のやり方だと、中国の反腐敗運動などで富裕層の顧客が激減すると大ダメージになるため、中間層をターゲットにしていくとのこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です