製造業、4~6月期経常益21%減 減益、25業種に拡大 小売業、高額品消費が不振

96959999889DE2E4E2EBE4EBEAE2E3E7E2EAE0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO0609701015082016DTA000-PB1-3

96959999889DE2E4E2EBE4EBEAE2E3E7E2EAE0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO0609699015082016DTA000-PB1-3

96959999889DE2E4E2EBE4EBEAE2E3E7E2EAE0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO0609700015082016DTA000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06096980V10C16A8DTA000/

上場企業の2016年4~6月期は、円高が影を落とした製造業の経常利益が前年同期比21%減った。業績悪化は小売りなど内需系企業の一角にも及び、非製造業も11%減益となった。金融を除く全32業種のうち25業種の損益が悪化。一部の大手企業の巨額損失が全体の足を引っ張っていた16年1~3月期までとは構図が変化した。

上場企業全体の経常利益は前年同期に比べ17%減り、4~6月期として4年ぶりの減益になった。純利益も2割減少。トムソンロイターによると米国は2.5%、欧州は7.8%減益にとどまっており、日本企業の業績悪化が際立つ。

製造業の収益悪化の最大の要因が円高だ。4~6月期の平均為替レートは1ドル=108円と前年同期より13円の円高・ドル安となった。海外で稼ぐ代表格である「電気機器」「自動車・部品」「機械」の3業種の減益額は8474億円と、全32業種合計の減益額(1兆5749億円)の5割強を占めた。

本当に1年で様変わりするのを実感します。米欧と比べても3~8倍の純減益幅ということで円高影響がつらいです。