メルカリも自転車シェア 自治体と交渉ネット・リアル融合 中国系と競争激化

https://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ07HHT_X00C17A9TJ1000/

フリマの取引で「良い評価」の人がいれば、自転車シェアでもルール通りに利用してくれると見込め、サービスの運営に生かせる。自転車シェアの利用が進めば会員データの蓄積が一段と進む。同社は会員IDや評価データをもとに、提携企業のシェアリング事業の運営を支援する新ビジネスも検討している。

自転車シェアには中国企業も相次ぎ参入する。モバイクは札幌市で始め、年内にも国内10カ所程度に広げる。中国でモバイクと競うオッフォは今秋にも日本に進出する方針だ。日本勢ではドコモ・バイクシェアやソフトバンク子会社などが手がける。

既存のアカウント評価との連携イメージがよく分かりませんが、大手も参入で一気に広がりそうです。