マイクロソフト、クラウド主軸一段と 「ウィンドウズ10」無料更新きょう開始

96959999889DEAEBEAE5EAE2E5E2E0EBE2E5E0E2E3E79494E0E2E2E2-DSKKZO8987809029072015FF2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO89878070Z20C15A7FF2000/

ウィンドウズが8割超のシェアを持つパソコン市場は12年以降、毎年縮小が続く。一方でスマホ市場でのウィンドウズのシェアは3%前後で低迷。競争力に直結するアプリの数もグーグルやアップルに大きく水をあけられたままとなっている。

「10」の無料化はウィンドウズの利用者をつなぎ留め、アプリやゲームなどOS以外の部分で継続的に収益を上げるビジネスモデルを確立するための賭けでもある。

売り切り型からの転換に成功した事例は社内にある。「オフィス365」の個人利用者は1500万人を突破。いまも毎月100万人のペースで増え続けている。ITインフラを提供する「アジュール」など法人向けのクラウド事業も倍々ゲームで売り上げを伸ばしている。

Windows Insiderのレビューを踏まえてアップグレード検討したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です