「無印良品」郊外にも大型総合店 100店体制、家具も本も

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ01HK2_V00C17A5TJC000/

国内の約420店舗のほとんどは800平方メートル前後だが、大型ショッピングセンター内や幹線通り沿いなど集客力の高い店舗を対象に、売り場を広げたり周辺に移転したりして規模を順次拡張。3~4年かけて全体の2割超を大型店に切り替える。

大型店では生活雑貨に加え、キッチン雑貨や化粧品、加工食品を豊富にそろえる。家具などの大型商品も増やす。暮らしや旅行に役立つ書籍の売り場や、調味料を極力使わない飲食店「カフェ&ミール」の導入も進める。

イベント用のスペースも設け、展示会やワークショップを積極的に開催する。こうしたイベントは「客数や客単価の上昇に貢献する」(松崎社長)という。家の間取りなど住空間の展示コーナーも広げ、ライフスタイル全体の提案力を強化。21年2月期の連結営業利益を17年2月期と比べ6割増の600億円に引き上げる。

14店→100店ですからかなりの出店規模です。アパレルも生活雑貨も全体的に大型店化している感じです。