デジタル・国際化で連携 日経、FT買収 アジア・欧米補完 グローバル競争へ基盤

9695999993819688E0E19BE4908DE0E1E2E5E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO8968166024072015EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ23I6B_T20C15A7EA2000/

FTや米ニューヨーク・タイムズ、米ウォール・ストリート・ジャーナルなど世界の主要メディアは2000年代初めからデジタル対応を推進している。特にFTは有料購読者で約50万人、無料の登録会員で640万人を獲得し、最もデジタル化に成功した欧米メディアの一つとして評価されている。

デジタル化の進展はメディアのグローバル展開も促している。世界のどこにでもコンテンツを届けることができるため、自国市場に縛られなくなるからだ。英語圏ではすでに米国と欧州のメディアがお互いの市場に乗り入れて、国境を越えて読者を争奪する動きが激化している。

欧米市場で強みを持つFTはアジア中心の日経と地理的な補完関係にある。日経は英語圏読者に強いブランド力を持つFTを買収することで、アジア発のビジネスニュースの市場で事業基盤を固めることを狙う。

日経もデジタル化でたいへん役に立っています。ユーザー視点では検索性が一番のメリットだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です